効果的宣伝、カーラッピングの貼り方

効果的宣伝、カーラッピングの貼り方 カーラッピングは塗装を行うのと異なり、簡単に剥がせるのが大きなポイントです。
又、平面のシートに印刷することで、ボディへの塗装では難しい細かい図柄や色合いなども自在に表現できるのが特長で、最近ではバスやトラックなどに広告宣伝を行う手法として広く用いられています。
最近ではカーラッピング用のシートがDIYショップやカーショップなどで販売されるようになったことで、自分で比較的簡単にボディや内装のイメージを変更できるようになっています。
しかし、比較的簡単とはいえ貼り方には少しコツが必要になります。
基本的にはウィンドウフィルムを貼るのと同じ要領で、内部に空気を含まないように少しずつ空気を押し出しながら貼っていくのが最も大切なポイントです。
大きな面に張るときは友人などに手伝ってもらい裏面の剥離紙を一気には剥がさないように、空気をへらなどで押し出しながら少しずつ貼るのが上手な貼り方です。
始めは貼り方を小さな面で練習してから行うと美しく貼ることができます。

カーラッピングであなたの愛車を模様替え

カーラッピングであなたの愛車を模様替え カーラッピングは、ラッピングフィルムを貼り付けることによって愛車を手軽に模様替えすることができます。
愛車の好きなところに自由にラッピングフィルムを貼って、個性的なデザインを楽しむことができます。
飽きたらはがして元の状態に戻せるというのも、カーラッピングの良いところです。
ラッピングフィルムのデザインもたくさんありますから、まったく違った雰囲気に模様替えすることができるでしょう。
ただ、空気が入らないように貼り付けるには、かなりの技術がいりますし、センスも問われます。
ヘタな貼り付けをすると、「痛車」などと呼ばれてしまいますから、センスの良いショップに依頼した方がよいでしょう。
一人で貼り付けるのは無理ですから、複数の人手が必要になります。
内装パネルの部分的な色分け程度であれば、一人で行えそうです。
目立たない、貼り付けやすそうなところから貼っていきましょう。
何事も慣れです。
何度かやっているうちに上手になります。