カーラッピングとは?

カーラッピングとは? 車好きの多くは実施しているカーラッピングとは、主に車のボディに対して専用のフィルムを貼り付けることにより、塗装とはまた違う質感や見た目を楽しむことができる技術をいいます。
全体的なフルラッピングはもちろん、部分的にカーラッピングすることも可能です。
塗装とは異なるので剥がすことができ、気軽にイメージチェンジすることができるのも魅力のひとつです。
また、見た目の変化を楽しむだけでなく、ケータイ画面のフィルムのように、車を物理的な接触による傷から守る役割も果たします。
カーラッピングのことをもっと知りたい場合には、メリットだけでなくデメリットも知っておくとより効果的です。
デメリットとしては、耐用年数の目安が3年程度なので、定期的にメンテナンスしなければならないことや、部分的にフィルムが剥がれてしまった場合、そこだけを修復することが難しいことなどが挙げられます。
メリットとデメリットを両方把握し、それらをバランスよく調整した上で実施するようにしましょう。

カーラッピングをするメリットとデメリット

カーラッピングをするメリットとデメリット カーラッピングのメリットはパソコンで自由にデザインすることができることを挙げることができます。
文字はもちろん、写真なども簡単に印刷することもできます。
また、イメージチェンジすることができたり、個性的なクルマに作り変えることができるのもメリットと言えるでしょう。
さらにクルマのボディーに直接塗装するわけではないので、元に戻せるという魅力です。
3年以内に元に戻すことが奨励されていますが、クルマを売却する際にもカーラッピングをはがしてボディを少し磨けば、資産価値を下げることなく、何事もなかったように売却することができます。
カーラッピングのデメリットは塗装と比べると費用が高いということです。
フルラッピングをした場合は50万円以上の費用となります。
ただ、ボンネットだけとか、ルーフだけの場合は費用を抑えることができ人気です。
また、何も手入れをしなければ耐久性が3年程度しかありません。
ただ手入れさえしっかり行えば10年程度まで持ちます。